« 色々 | Main | フイードバックとクラスタリング »

2006.11.16

節穴だ

mixiとの2重投稿(笑)

短いインパルス応答(200サンプルとか)の畳み込みを何回も実行するときに、
1つのFFTコンボリュージョンにまとめれば早くなるかな?
と思ったけど、どうもそうでもないらしい、。、、

例えばFFTサイズが256サンプルの畳み込みを256回やるとすると、計算量は
(2×256×Log(256,2) + 256 ) × 256
=4352× 256
=1114112

で、これを65536サンプルサイズのFFTコンボリュージョンでまとめてやろうとすると
(2×65536×Log(65536,2) + 65536 )×1
=2162688

あ、倍の遅さだ。。。。〇rz

コンボリュージョンという演算自体が、(たとえ僕が望んでいないとしても)「遠く離れたサンプル同士に影響を及ぼすことができる」という機能を持っていることが、微妙に遅くなってしまう原因なのかな??

ま、どっちが速いか分かっただけでも勉強になったとしませう。。。

|

« 色々 | Main | フイードバックとクラスタリング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 色々 | Main | フイードバックとクラスタリング »