« November 2005 | Main | January 2006 »

2005.12.30

掃除。。

こないだ知り合いが急にうちへやってくることになったものだから、大掃除をしていたのが、1週間前。。
それからあれよあれよという間に部屋は散らかり、今はもう足の踏み場もない状況。。。なんてゆーか、掃除しても綺麗な部屋でいられるのは1週間が限界な分けですよね。。
そうすると今時分多少掃除したところで。。。。
明日は明日で年越しイヴェントにでかけちゃうしねぇ。。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ALWAYS 三丁目の夕日

『ALWAYS 三丁目の夕日』を見てきた。
昭和33年(ちょうど東京タワーの建設中)の東京を舞台とした、人間ドラマです。
まあ、人間ドラマの部分は確かに泣けるけど、割りと使い古された感じの演出だったのですが、
「昭和33年」の演出は、度肝を抜かれました。凄いです。
当たり前なのですが、全ての映像が昭和33年当時のもので、しかも作り物臭さを感じさせない空気感が漂っていました。(若干CG臭さは見受けられましたが、まあそれは仕方の無いことでしょう)
特に汽車の映像は凄かったし、音声もなんと言うか、本当に大きな汽車が通過するみたいな感じで、
細部まで(音が)作りこまれていて感激しました。(いつもぼくがやっているうそ臭い効果音とは大違いです、、、)
あと上野駅の描写も凄くリアルだった。どうやってるんだろうね。。
あと、やっぱりプロの役者は凄いと思います。昭和33年っていう微妙な年代設定だと、時代劇臭さでごまかすこともできないし、かといって現代の言葉のクセが出てしまうとリアリティを損なう。
このバランス感覚を上手くとれていたと思います。(そこらへんは演出家の力量なのでしょうかね。。)
幸い当時から映像は存在していたわけで、それらのセリフ回しを参考にしたのかも知れませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.29

仕事収め誕生日師走

いよいよ今年も終わりだ。
そしてついに30蔡の誕生日を迎えてしまった。
ああーーーーあ、三十路かよ。。。

そういや今年の抱負は『儲ける』だったけど。。。
まあ、見入りは1万円ほど増えたし、ちょくちょく色んな所から副業をやったりもしましたけど、、
そうさねぇ。がっぽり儲けたかといえばNOですわ。。
特許も審査に時間が掛かっているので、今年中に取得できなかったしね。。
むしろ審査料など出費の方が多かった。。
ま、儲けようとすれば、先に出て行く金も増えると。。。
事業の基本ですな。わははは

でもまあ、今年は自分的には今まで以上に情報に対して貪欲になったと思います。
色々な本を買い漁って、そこそこ読んでいるし、
新聞も取るようになったし、ネットも以前に比べれば色んなサイトを巡回するようになった。。
逆にブログの更新頻度を上げて情報発信にも勤めるようになったと。。

あとは集めた情報に適切なフィルタリングを行って、自分の行動を変えていけば、情報は真価を発揮して、さらに情報収集に磨きがかかるものだと思いますが、今のところ情報の渦の中で、「さてどうしよう。。」という状態なんですわな、これが。。
まあ、そんなわけで今年の反省を踏まえて来年の目標は。、、、
元旦にお知らせします。。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.12.25

3連休

うーん、3連休は特に何もすることなくお外へ出かけたり、家で色々と作業をやっていました。
まあ、代わり栄えはしない、いつもの休日といったところでしょうか。。
ってゆーか、いまだに消化しきれていない作業があったりする。。。

あと、3連休前に借りたDVDも見てないし。。はてはて。

Ajax関係のことを少し勉強しました。
SOAPとかRESTとか色々な技術があるようですね。
以前はサーバ⇔ブラウザで、やり取りされる情報は単なるテキストだったわけだけど、、
(実はテキストを介しているものの)クラスのインターフェイスやメッセージ(関数呼び出し)をサーバ⇔ブラウザやサーバ⇔サーバでできるらしい。
そうか、そういうものになったのかインターネットは。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.24

忘年会

一昨日から昨日にかけてある会社の忘年会へ飛び入り参加した。
実は僕は、人材派遣系の会社にお世話になっているのだけれど、前に担当してもらっていた営業の人が、約18ヶ月前にIT系の会社を起業したのです。
前職では部下の人も多くけっこう偉い人だったきがしていたし、ITエンジニアの出向(派遣)をメインとした安定した事業を機軸にしているわけで、手堅く儲けられるものだとうと思っていたのです。
ええ。
しかし、社員30人を抱えて、忘年会は超はじけまくりモード、しかも酒の肴は仕事や会社、そしてIT業界の将来の話で熱く語り合うと、、
こんな状況をわずか18ヶ月で作り上げてしまった彼女の能力は感服いたしました!!
ぜったい自分じゃできそうにないしね。。
すごいよなぁ。。。。。。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.22

adSense

Google AdSense始めてみた。
噂に聞いていたけど、この自動広告システムは凄いね!!
僕自身が欲しいと思うような広告がでてます。
ネット系のIT企業ではGoogleは一番技術者よりというのか、技術的に新しいことを目指していると思うね。
Google MapにGoogle Desktopにと、Webサービスの高機能化はとどまるところを知りません。
そのうちGoogle SynthやGoogle Tools LEとか出たりするかもw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.19

デザインの制約

昨日一瞬だけ新しいブログを作ってみた。
でも消しました。。。
オーディオ編集TIPSをブログ化しようとしたのだけど、ココログってデザインの横幅が決まっているので、あのページでやっているようにでっかい画像をドンと置いたりすると、画像が削れてしまったり、えらく不恰好になってしまったりしました。
これだともう難しいかな。。と思ってしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.18

さ。。。む。。。。ゐ

ありえないくらい寒くないですか??

今ボクは、色々なことを勉強してます。(先生の元にはついたりしてません。本やネットを通じた独学ですね。。)


1.行列やらベクトル、確率論、解析学などといった数学の勉強
信号処理の分野で色々と面白いことを思いつくためには、これらが非常に重量になってくると思うので、頑張って勉強してます。「数学的に新しいことを」なんて身の程知らずのことは考えてないです。知り得た知識を使って新しい発明なんかをやって、特許をとって、それを売ったり、営業ツールに使ったりするのが目的です。あとはWebサイトを通じた情報発信のためのネタにもしたいですし。
そんなわけで、特許電子図書館もたまにチェックしてます。

3.会社の作り方とか、経営とかお金儲けの考え方
やっぱ自分とほとんど年齢の変わらないホリエモンみたいな人が自分よりもはるかに大儲けしてビッグネームになって、日本の将来を照らしていたりすると、自分としてもやっぱりいつかは。。と思ってます。経営者の人が書いた本やブログを読んだり、ドリームゲートとかチェックしたり、日経産業新聞とか購読したりとか、色々です。

95%儲かるという確信を持てないうちからビジネスを始めるのは愚の骨頂なので、今はなんらかの取っ掛かりを得るべく基礎的な勉強をしているという段階です。。まだまだこれからです。。

で、
昨日のこのブログで書いたAjaxですが、勉強の優先順位をとりあえず変えてみたいと思うメディアなのかもと思いました。
色々と試してみようかと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.16

AJAX

さむいけど、晴れているよね。。雪でも降ってくれればまだ趣きがあるというものを。。
ってゆーか、日本海側は記録的な大雪だそうな。。

入門 Ajax
を買ってみた。
マイクロソフトによるインターネット支配に対抗する流れで生まれた企画モノ言語で、一発屋に終るだろうと思っていたJAVAが、あれよあれよという間にインターネット開発、特にサーバサイドの標準になりつつある。。
そしてボクはJAVAの波に乗り遅れたプログラマとなってしまった。

だって今更へんてこな横文字ばっかりのライブラリを勉強するなんて億劫そのものだしね。。。

そんな事情の中で台頭してきたAjax
もう、今度は失敗しません。こいつの波にしっかりと乗って六本木あたりの羽振りの良い会社で働けるようにしたいものです!!
まあ、AjaxってJavaScript+XMLにかっこよく名前を降っただけのジャーナリズムの産物だったりするわけですが、、
しかし今のIT業界は、JAVA=ローマ帝国みたいになっていて、ボクのようにCが好きだけど、業務経験が多いのはVBなーんて人種は野蛮人扱いです。。。こんな状況を生み出した張本人は、
アンチマイクロソフトのイデオロギーと、とりあえず言語といえばJAVAらしいという怠慢な世間の認識、上手くインターネットの波に乗っかったマーケティングの冥利に尽きるわけで、
もう新参ものだし、大した中身もなさそうだからとりあえず様子見、、などとウツツを抜かすのはやめにして、この際しっかりとAjaxの流儀をマスターしたいと思うわけです。

っていーか、個人的にJavaScriptの形でAPIが用意されているというのが、とても面白く感じるわけです。
APIといってもハードじゃなくて、GoogleMapに代表されるWebサービスへのAPIなわけです。
これは正直面白いです。技術通なボクにとっても大変面白い。マスターしたい!!
だから買った!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ADSLモデム

昨日の夜22時に、ADSLモデムが壊れたって電話したら、今朝届いた。
やるなNTT!!!
あなどれません!!

そんなわけで、昨日の晩はインターネットに接続せず、色々と作業をやってました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.14

さむい

寒すぎますよね。。。
そろそろコートでも。。

今日は会議だった。物凄くテンションの高い人というのか、アグレッシブな女性がいました。
進行役の人とぶつかっていたけれど、それはそれで何かおしどり夫婦のような感じもしないでもなかった。。
まあ、層感じたのはボクだけでしょう。。

『Kinetic Figuration』(莱孝之)を買ってみた。
MIDIが出力できるグランドピアノがあって、それに併せてMAX/MSPが演奏情報を再解釈してYAMAHA VP-1をコントロールしているらしい。
VP-1はVA(バーチャルアコースティック)音源お先駆けとなったシンセサイザーで、このCDでは弦楽器の音を、鍵盤楽器というか、ピアノをグチャグチャっと弾きまくった感じの音になっている。
当然全然弦楽器らしくないのだけれど、それでも音が伸びているところは、バイオリンっぽさが感じられました。
でもやはりアコースティックというよりは、ずっとシンセっぽい音で、その後にバーチャルアナログシンセが流行ったことを考えると、アコースティックはまだまだ難しくて、アナログで妥協しておけば良かったのではと思ったりもします。
でもつまらなかったかというとそんなことは全然なくて、とてもシュールな音響で、こういう音楽ならではの気持ちよさ≒気持ち悪さ
が表現できていると思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.12

雪でも

雪でも降りそうな寒さだと思ってら降ってるし、、、
地球は今、間氷期といって冬のちょっと暖かい日に該当するらしい。要するに今は長い目でみると氷河期なのだ。
寒い日が何時訪れるのかはよくわからないけど、温暖化が寒冷化の引き金になるらしいんだよね。。

そんなことよりコンピュータ音楽―歴史・テクノロジー・アートをかっちゃった。。
まあマイクを一本買ったと思えば。。
サンレコで宣伝されていた、テクノ/ロジカル/音楽論―シュトックハウゼンから音響派までで紹介されていて、面白そうだなと思っていたんですが、昨日たまたま池袋のジュンク堂で発見してしまって、内容も斜め読みしたところ本当に大変に面白いものだったので、衝動買いしてしまったわけです。
FM音源の発明者John Chowingが紹介文を書いてます。
やっぱ序文がいい感じですね。夢に溢れているというのか。。

本書の内容は、ある音楽家にとっては、特別なコンピュータ技術を勉強するための入門編としての役割をするであろう。新しいコンピュータ技術を取り込んで、この分野を前進させる人も少数だがいるだろう。これは、現在までのコンピュータ音楽の発展を知る人にとっては、さほど驚くようなことでもないだろう。これまでの歴史が示しているように、音楽に関連した技術では最も重要な進展のいくつかは、技術に秀でた音楽家が着想したものであった。

内容は工学的な知識も交えつつ古い研究から最先端(書かれたのは1996年なのでその当時ですが、、)の研究まで紹介するようになっています。
読者層はサンレコを読んでいて飽き足らずにDSPもちょっとかじってみようかな、オリジナルのソフトシンセとか作ってみたいな、、というような層にバカウケじゃないでしょうか。
テクニカルなことも勿論書いてあるのですが、思想面というのか割と文系にも分かる的な書き方がなされていて読みやすいことこの上ないです。
この本にプラスして、VSTの実装の仕方だとか、実際のフィルタのソースコードだとかを乗せた本があれば、マジで新しいソフトシンセが作れてしまいそうな勢いを感じました。
96年っていうと、時代はアナログシンセが再評価されてローファイとかが流行っていた時期なので、この時期に次の時代を切り開きましょうみたいな本をだしたカーティスは偉いと思いました。

てゆーか、こういうノリの雑誌ってないものですかねぇ、、
洋書でもいいので、あれば定期購読したいなぁ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.10

やることが

たまっている。。
税金もまだ納めてないし、髪も伸び放題、掃除もしなきゃならない、その他もろもろ
そろそろこのページのコンテンツも更新しないとだめだしね。。。
うーん、どっからやろうか、、

自分のサイトのオーディオ編集TIPSというコーナが主な最近の更新材料となっているのだけれど、なかなかネタが思いつかない。。似たようなTIPSと差別化を計るためにオーディオ編集というよりDSP関係のノウハウも加味したマニアックな内容になっている、、のっけからインパルス応答の解説だったりとか^^ゝ
なので書ける範囲はとても広いはずなんだけどねぇ、、やはり自分自身の情報量不足か。。。あとはTIPSである以上は実際にやってみて面白くて役に立ちそうなノウハウを開示しなければならない、、、この辺が中々ネガが思いつかない理由かな。。。

今まさに編集作業を行っているわけだし。。ここからなんかネタを探すか、、DSPネタばかりだとあまりにもマニアックになりすぎる傾向もあるしね。。できればもっとアナログというか人間系の話題でも考えてみようかな。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.09

見れない

@niftyのホームページが見れなくなっている。。サーバダウンってやつですな。。。
今日は職場で1ヶ月くらいサポートで入ってもらっていた人とお別れした。50代後半くらいの初老という感じの人で、化学者からSEに転向した人だ。
どうも今の職場は九州出身の人が多い、何気に顧客にも多い、何でだろう、、
土佐藩と薩摩藩が明治政府を作った名残なのか距離の割りには今でも九州から上京してくる人って他の地域よりも多い気がする。。。
ボクは九州なんて高校の時に修学旅行で行ったっきりだ。。たしか別府の辺で何とか地獄とかいう色々な温泉を見て回ったことを覚えている。あと入り口と出口で温度差の激しい洞窟とか、世界最大のカルデラ(火山の火口の付近で窪んでいる地形)の中にある町とか、、、(噴火したらお終いみたいな。。。)原爆資料館、あと大阪から船で移動したんだっけ、、、二等客室に寿司詰め状態で、、2等どころか8等くらいな感じでしたが、、
当時は強烈に「今」を感じていたけど、それが今では遠い日のぼんやりとした思い出だ。。。
10年ちょっとしか経っていないのにね。。単にボクが物忘れが激しすぎるだけかな。。。

ふぅ、、、20代も残りあと17日、、、、
なんだかねぇ。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノイズ

オーディオドラマの編集作業で何が一番面倒かといえばノイズとりだ。
うちのサークルでは贅沢にもマイクを3本立てて収録しています。さらにこれまた贅沢なことに3本のマイクの音声はEDIROL FA-101を介してノートパソコンに独立のトラックに録音されます。
こうすることで3本のマイクのうちどれか1本にノイズ(ペーパーノイズやポップノイズ、マイクにゴッツンとか、人が入れ替わる時の足音など)が乗ったとしても、そのマイクの音だけを独立でカットすることができるのです。
それに他人用のマイクが拾ってしまう思いっきりOFFな音をカットすることで、余分な残響感もカットできます。
できます。
もちろんです。。。
しかし、これを実際にやるのは、非常にしんどい。。
一度気になりだすと、ちょっとしたノイズも気になるし、勢い余って特定の区間をばっさりカットしてしまったりすると、アドリブで相槌を売っていたりすると、別のマイクが拾った残響成分だけが残ってしまって、がっかり、、なんてことにもなりかねません。さらに言えば2人のセリフがかぶっているところは残響をカットしきれないため、そこだけ残響感が変わってきてしまう、、、こうなると禁断の帯域別編集に手を出したくなります。誘惑に駆られます。。。
まあ、この辺は録音時の職人的フェーダ操作でカバーするか、ある程度あきらめてしまうことで、かなり省力化できるとは思うのですが、、、いかんせん気になりだすととまらないというのか。。。

実際のプロが作ったアニメなりドラマCDなんかだと、効果音なり、ガヤなりBGMなんかがひっきりなしに入っていて、臨場感を出すこととノイズをごまかすことを両立しているように思います。あとは意外と音質がナローというのか、アナログテープに落としたような質感になっていて、よく聞くとリップノイズとか思いっきり乗っていたりするのですが、あまり耳に痛くなかったりします。

でもできれば、この辺の処理を自動化できるといいなぁ、一番大きな音が乗っているトラックだけを残して、別のトラックをミュートするけど、音質の異なる成分が含まれている時間箇所はミュートしない。。。
でもこうするとノイズと相槌の区別が難しそうだな、、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.06

録った

先週の土日は、ボクが参加しているドラマサークルの収録をやってきました。
いや~!!今回はいい作品になりそうです。出演者は実力者ぞろいだし、
スタッフ数もかつてないほど多くなっている。
売り上げ目標は100枚だけど、100枚といわず1000枚といわず、10000枚くらいは売れて欲しい!!
そんな勢いです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.01

落選はしたけれど

未踏ソフトは上期と下期というように6ヶ月ごとに応募があります。
前回の締め切りが9/30だったので、次回の締め切りまで4ヶ月足らずなわけです。
そんなわけで、今回の案はもう少しブラッシュアップして次回にも応募するつもりです。
なので、応募したアイデアはもう少しの間秘密にしときます。。

そうだなぁ、。基本設計を書き上げて、これを資料として添付することにして、
レジュメの内容は、足らないと指摘された既存製品との客観的比較検討を中心にまとめようかと思います。

交互期待!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

落選・・・

未踏ソフトウェア落ちました。。。。〇rz

まあ、落選理由も第一志望のPM(マネージャ)の返答は、痛いところを付かれているというか、確かに自分に一番足りない部分だったわけで。。。
「こういうのやりたい!!」という話だけでは、人は説得できないわけですな。。。
「既存技術と比べてココが優れている」ってのを客観的に主張できないことには。。
ま、やはり自分自身の情報量、検討不足というのか、、、僅か10ページのレジュメを抽象的な話ばかりを書いて埋めても、それは当然「分け分かりません」ってことになるわけで、、

本当は叩き台となるプロトタイプくらいまではできていて、その上で応募するとかだったら、通ったかもしれませんね。。。

あ、そうそう確かもう一人応募したPMの人も居るんだけど。。
まー、その何というか、〇ONY製品はもう買わんぞと心に誓ったのでした.....

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »