« 地震 | Main | 書く事がない »

2005.08.21

群馬のたび

金土日と3連休が取れたため、金曜よ土曜は泊りがけで群馬県は前橋市にいってきました。
何でまた前橋かというと、この間みたリンダリンダリンダという映画のロケ地が前橋だったようで、
暇つぶしに1泊くらいの旅行がしたかったというのもあり、今まで足を踏み入れたことのなかった群馬県にいってみることにしたのでした。
前橋市はちょうど関東平野の北端に位置していて、南側は高崎市を間に挟んでいるけど、ちょっと行けば埼玉だし、北側は赤城山という割と高い山があって、山岳地帯みたいになってます。
で前橋市自体がその赤城山の裾野というか、とても広い丘陵地帯みたいになっているのです。
南部はほぼ平野だけど、北部に行くに従って、全体に坂っぽくなっていく。そんな感じの地形です。

高崎で途中下車して、うろちょろしていたので前橋に着く頃には既に午後19時くらいになっていました。
宿は前橋駅の近くのビジネスホテルにとりました、金曜でしかも前橋だというのに以外に込んでいて、2件目のホテルでやって1人分空いているというような按配でした。行き当たりばったりですじゃ。。

翌朝ホテルを出ると先ずは群馬県庁へと向かいました。金曜日の間に前橋の地図を買っていて、そこには群馬県庁が37階建てと書いてあったのです。37階のビルだと都内でも相当眺めがいいのですが、前橋だと他にそんな高いビルはないし、空気も都内よりは綺麗だろうということで上ってみました。
確かにいい景色でした。
2005_08210018

その後、リンダリンダリンダのロケが行われた前橋工業高校跡地の写真なんかを何枚かとろうとしたのですが、
「関係者以外立ち入り禁止」というお決まりの看板で門前払いされてしまい、ちょっとしか中に入ることができませんでした。もう少し度胸を出して注意されるのを覚悟で柵を飛び越えて激写すれば良かったかもしれませんね。。
あと聞いた話によると前橋工業高校というのはタッチの原作者のあだち充先生の母校のようですね。
映画化もされて羨ましいかぎり、、、

その後、上毛鉄道にのって、西、すなわち栃木方面へ移動しました。
これまた関東の平野部での田舎というのを体験できてとても新鮮でした。田んぼや畑や藪なんかがメインでポツポチと家があるっていう感じです。僕の実家は岐阜なのですが、どちらかというと山岳地帯というか、山間の集落みたいなところで育ったので、平野部の田舎というのはとても新鮮なのです!!
あと何気に川も多かった気がします。やはり山岳地帯の麓という地形が影響しているのでしょうかね、、

その後、赤城駅で東武特急りょうもうに乗り換えて、都内方面へと踵を返しました。
浅草駅についたのが午後3時ちょい過ぎくらいだったので、
途中駅の桐生だとか、足利市で途中下車して色々と物色しても良かったかもしれません。
東京→埼玉→群馬→栃木という大きな移動をしておきながら、何気に降りたのは前橋と高崎、あとは乗り換えで降りた赤城という特に観光地でもない場所だけだったので、 ちょい移動損の嫌いがあったかもしれませんね。。
ま、これは下見とでもして、次はもう少し観光地らしい場所に行ってみようかと思います。
一泊旅行中々面白いですね!

|

« 地震 | Main | 書く事がない »

Comments

あだち先生は、前橋工業じゃなくて
前橋商業で~す

Posted by: パンダパンダパンダ | 2006.02.10 at 02:56 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20403/5574701

Listed below are links to weblogs that reference 群馬のたび:

« 地震 | Main | 書く事がない »