« June 2005 | Main | August 2005 »

2005.07.31

変わるとイイナ!

ちょうど頃合もいいので、ちょぅと人生の賭けにでてみようかと思った。
といってもそんなに大それた賭けではないけれど、、
わが人生の新しい展望を願って、乾杯!、、、、いや飲みませんが、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無知は駄目っち

プレスリリースっていう言葉は自分や自分の会社がやっていることを雑誌や新聞に乗せるために、記者や編集社におくる自作の記事のことを指すらしい。
単に雑誌に載ったってのはプレスリリースとは言わないんだそうな。
うむ、まだプレスリリースなんてやったことないな。
というわけでトップページの文字を直しました。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リンダリンダリンダ

今日はリンダリンダリンダという映画を見にいきました。
この映画の内容は、4人の女子高生が文化祭バンドとしてブルーハーツのナンバーを演奏する
だたそれだけのものです。舞台設定もド田舎でも大都会でも無い、地方都市。
この映画はSPAのシネマレビューでチラッと見て知ったのですが、なぜこれを見に行こうかと思ったかといえば、それは僕がかつてブルーハーツのファンだったからなです。
ブルーハーツは結成から既に20年が経ってしまって、今はハイロウズですが、すっかり四十路のオジサンバンドであります。
明らかに「僕の世代」であったブルーハーツが、いまどきの女子高生にも受け入れられて演奏することになるというところが、なんというか何ともいえないノスタルジーと新鮮さを感じさせられたからです。
なんつーか、世代を超えてしまうブルーハーツは凄い!というファン精神もありました。

で、実際見てみると、予想通りストーリーとしては以外な展開など無いし、よくある文化祭のワクワクムードや女子高生らいしはしゃぎ具合を表現しているだけ。強いて言えば幾つかの告白シーンなどがありましたが、それは高校生活としての日常の中のイベントとして取り込まれていて、消して恋愛映画にありがちな泥臭さを感じさせるものではありません。
たしかにそれだけなのですが、しかしもう今年三十路を迎えようとするサラリーマンの男にとっては、それはまさしくたまらないノスタルジーでありました。明らかにこの映画のターゲットは20代終盤~30代前半に掛けてのブルーハーツ世代の男性だと思いました。
実際の高校時代は、受験があったり、人間関係も実はそんなにワクワクすることばかりではありませんでしたが、やはりあの時代の雰囲気は今ではもう体験することができません。
逆の今の時点で文化祭というものが身近に存在する高校生や大学生がこの映画を見たらどんな感想を持つんだろうな?とか思ってみたりもしました。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2005.07.29

ハードディスク調達

もう1週間も前のことを今頃書きますが、。。
先週の土曜日(ちょうど地震のあった日なのですが、、)に秋葉原のT-Zoneでハードディスクを買いました。
最近、オーディオデータがたまりすぎて80Gのハードディスクじゃ足らなくなったのと、
ディスクアクセスにストレスを感じていたので、思い切って300GBのものを買って、データは全て300Gの方へコピーしようとしたのでした。
で、今(というかその時点で)は、80GBの現行ディスクは静穏ボックスなる金属の箱に入れて、さらに5インチベイに入れてました。
ハードディスクはなるべく静穏で使いたいので、ハードディスクをもう1台増やす場合、静穏ボックスをもう一つ買って、5インチベイに2台のハードディスクを格納することも考えれました。
しかし、昨今のハードディスクの発熱量は尋常ではなく、そんな蒸し暑そうな箱を重ねて格納したら、ハードディスクたちは熱で直ぐに逝ってしまうだろと思い、思い切ってその箱を使わずに、5インチベイの中にとある仕掛けをして静穏化を図ることにしました。

その方法といいますのは、コレです
5inchbay
5インチベイの内部に針金で網を敷くことにより、ハードディスクの特に低周波の騒音がパソコンの筐体に伝わらないようにしてみたのです。
ちなみにハードディスクの下側にはシリコン製の戸立てを貼り付けて、さらにクッション性を高めます。
harddisk

で、さらに5インチベイの周囲は鉛シートを丹念に貼って音モレを防ぐ寸法でした。
実際にやってみて直ぐに分かったのは、ハードディスクが直ぐに高熱を発生して、おそらく80度くらいまで温度が上昇してしまったのです。
知っての通りハードディスクの最大の的は発熱です。実はCPU以上の熱源であるハードディスクは、自分自身の熱で寿命を短くしてしまう、なんとも繊細な生き物なのです。

これはいかん!
そう思って、騒音対策と同時に熱対策も強いられることになったのでした。。

しかし、はっきしいって静穏と放熱は、結構相反する課題だったりします。何しろ音を伝えないようにするには、ハードディスクを回りと直接触れないようにして、低音の伝わりを防ぐと同時に、防音シートや、吸音シートで音モレや、共鳴を防ぐ必要があります。
しかし、ハードディスクを筐体に触れないようにすれば本来はフレームからベイへと逃げていくはずだったハードディスクの熱は、金属と比べてとても熱の伝わりが悪い空気にしか逃げられなくなります。
さらに防音シートや、吸音シートなんていう空気の流れをシャットアウトしてしまう素材を使えば、ハードディスクの熱は逃げ場を失って、内へ内へとこもってしまい、大変体に悪い。

とりあえずやった対策は、2台のディスクをアルミ製の金属板(PCパーツ屋で買いました。ねじ穴というかネジのサイズにぴったりのスリットが幾つも入っている奴です。)にネジ止めして、熱が逃げられる体積を増やしました。
そして、ハードディスク本体や、金属板にチップ冷却用のヒートシンクをペタペタと貼り付けて、回転数の遅めの静穏ファンを針金を使ってハードディスクに直接風を送るようにセッティングしました。

こうすることで、ハーディディスクの温度は下がって行きましたが、しかしパソコンの筐体の蓋を閉めて、しばらく放っておくと、やはり触れないくらいに熱くなってしまいます。
やはり最後まで静穏と放熱は拮抗してしまうようですね。。。。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.23

ゆ、揺れちょる揺れちょる(゜д゜;)

いや、今回の揺れは結構でかかったですね。。
東京都大分区や江戸川区では震度5強を観測したとか、、
地震が起こったその時は、秋葉原のLAOX楽器館に居て、ドラムを試奏していました。

最近は震度4クラスの地震は度々起こっていたので、ちょっと大きめの地震だとは思ったのですが、まあ揺れの強い電車と同じ程度の揺れだし立っていられる程度だったの、揺れも収まらぬうちからジャンベを叩き始めたら、少し白い目で見られてしまった気がしました。
その後、秋葉原の街中を頭上に気をつけつつぐるりと回った後、神田方面へ何となく向かいました。
道行く人たちは普段と何も変わらない様子だし、店の店員さんも日常の範囲内でした。
地震が起きたときは、電車はJRがほぼ全線止まった他、地下鉄も多くの路線が止まってしまいましたが、
しかし僕はずっと徒歩で歩き回っていて、家に帰る時は復旧していたため、大きな被害はありませんでした。(それでも御茶ノ水から新宿方面へ抜けることができませんでしたが、、)
それでも、神保町のアルペンの周りに消防車が集まってきていて、
エレベータに閉じ込められた人が救出されたりして、
しかもどうやら失神していたりするのを目撃すると、日常と災害が混在した何とも奇妙な感じでした。

ここ何年もの間、関東地方では大小様々な地震が頻発しており、この間、茅場町で何でも無いときにビルの壁が崩れるなどの事故が起こっていることを考えると、何時どこで2次災害が起こるか分からないですよね、、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.20

面白い情報

ただいま某メーリングリストに流れている面白い情報を訳出中。。。
あとで、UPする、、、していいのか??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.17

草64

この前の日記でちらっと書いたのですが、僕の家から出ているバスで「草64」という系統のがあるのですが、
これは池袋と浅草を結ぶもので、当然僕の家からも浅草へ行ける訳で、今日はむちゃくちゃ忙しいというほどでもなかったため、ちょいと浅草までいってみました。
途中で「吉原大門」などというコアな場所も通過して、浅草へと抜けます。
浅草は何回も行ったことがありますが、やはりあの観光地っぽい雰囲気は何度いっても観光地っぽかった。
それか春日通沿いに御徒町方面へ歩く。。
地下鉄大江戸線の新御徒町付近で、佐竹商店街というマイナーな商店街を見つけた。
何しろあと200mも歩けばJR御徒町駅周辺エリアとなるわけで、土曜日だというのに人通りは殆どなく、まさに忘れられた商店街っといった感じだった。
マイナーな商店街というのは東京のあちこちにあるけど、これほど立地の悪い商店街は少ないと思う。
何しろ殆どの人々は御徒町や上野周辺に流れてしまうし、普通のオフィスやら工場やらを間に挟んでいるので、向こうから人がやってくることは殆どない。
しいていえば地下鉄の最寄り駅だということになるのだけれど、大半の人は1つ先の上野御徒町で降りてしまうことだろう。
文字通り忘れられた商店街、、地下鉄でアナウンスでもしてもらえば少しは違うと思うのだけれねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.15

キモちわるイ(~Д~;)

今日は蒸し暑くてジメジメしていて、もう極限まで気持ちの悪い一日だった。
鼻もなんか詰まってるし、髪の毛も伸びてきててうっとうしいし、
控えめに言っても体中が腐りそうな不快指数無限大の一日でした。

家に帰ってうがいして風呂に入って、ビールを飲んで何とか落ち着いたけど、、
早くカラット夏が来て欲しいものだ。つーか、スーツはもうやめよう。

手続補正指令書が来た。
どうも印鑑が前回の出願の時と違うらしい。、。。
うーむ、面倒じゃが仕方が無い。。。補正書を送るとするか。。
でもまあ、この様子だと早期審査には着手しているようなので、少しほっとする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.14

合成語

ユニークな名前を考えるとき大体は2つの言葉をくっつけたりするだろう。
1つの言葉だけでユニークにするのは結構難しい。
例えば4文字の英数字に,comをつけてブラウザから入力すると、たいていなんらかのページが表示される。
つまりは4文字くらいのパターンはすべて登録しつくされているといへる。
あとは良くある英単語なんかも大抵は登録されている。
syncronicity.comはもとよりsincronicity.comやcyncronicity.comのようにスペルミスと思わしきものまで横展開されている。
1単語っぽい名称なんてものは明らかに飽和状態なのだ。ちなみにアルファベットをaから順番に並べていったサイト名はabcdefghijklmnopまで全て登録されていることを確認して、それ以降は面倒なので調べるのをやめた。

2つの単語の場合は、組み合わせの数が膨大なためか、まだ何とか隙がある。カッコいい系の言葉はだめだけど。
人はどうしても言葉と言葉の意味の関連性に注目してしまうので、その組み合わせの妙というか、そういう遊びができるわけだ。
同じようにYahooなんかで、合成語を検索すると色々面白いことが分かる。
例えば「エイズ菌」という単語がWebページ内のそのまま書かれているのは、以外と多いのだけれど、
カビウィルスというは殆どなくて、カビ、ウィルスとか、カビ・ウィルスとか、ちゃんと分かれているのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.13

石油ってさ

もうすぐ無くなるらしいんだよね。。。桑原桑原
ブッシュ大統領は何食わぬ顔をしているけど、
実はマジでやばいらしい。

農耕時代に逆戻りですか、、、
物質文明なんてあっけないものだった。。なんて時代が目前かも。。。。。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.10

いや意外と暑いかも

今日は朝が涼しかったので、このまま涼しいのかなと思っていたのですが、
それなりにお日様もでて暑い日になってます。
そういえば昨日気づいたのだけれど、僕の家から浅草雷門まで直通でいけるバス路線があったのよね。
バスは座れないと苦痛だけど、座れる場合は、一定料金で目的地までブラブラと移動できるのがいいよね。
さすがに上京して5年も経つと観光気分はすっかりなくなっているいるけど、それでも行ったことのない道を眺めてるといい気分転換になります。
昔は途中下車して探検してた。
今はそんな気力はないけど、、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.09

アクシデントとそれから

今日は会議をやったのだけれど、とある事情で場所が変更になった。
とある事情が何たるかは言えないけど、中々面白い事情だった。
今、これからの人生について考え中。。。
発明や技術開発で食いつないでいくことをやってみたいけど、、
自分よりも頭のいい人は一杯いるからなぁ、、
ま、他の分野がそうであるように、必ずしも頭のよさだけで勝負するわけでは
ないところがせめてもの救いではあるけど、
しかし、お馬鹿ちゃんが不利なのは確実なわけで、、
とりあえず当初のプランが実現できるところまではがんばってみたいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.06

なかなか

僕は自分のサイトでは、デザインもなかなか悪くない程度の見栄えもできているし、文章も抱負で、しかもなかなか硬派(氏語)というか、専門的なトピックも多かったりする。
ところが、専門的な人々から何がしかのアプローチがあったかというとほとんど何もない。
別に特許で儲け云々をいっているのではなくて、本当に自分で書いているネタに対する感想とか、そういうのが何もないので、イマイチ他所の評価が分からないでいる。
しかしだ!
よくよく考えてみるとどうもサイトの内容と自分のハンドル名があまりにも不釣合いなのではという思いがふつふつとわいてきて仕方が無い。
これだけ硬い題材を扱っていて、トップページに鼻クローンのサイトへようこそ!では何か問い合わせをしようにも躊躇してしまうことだろう。
といってもこのハンドル名で知られている友達も大勢いるため、いまさら変える気は毛頭ないのだが、、、
いや、ハンドル名のせいにしては駄目だ!!
現に、ネットでスンゴイソフトを作っていて、掲示板もにぎやかな人をみると、ハンドル名もスンゴイではないか!
や〇うらお氏や、ぷ〇ーん氏に、とか、エトセトラ
つまりは、僕も何かキラーコンテンツというか、まじで凄いものを作らないと、、、
と何べんいっても作れない自分がいる。。
なんだかんだいって仕事の片手間にまとまったものを作るのは難しいのだ。
いつ何時でもドガーーー!っと作れてしまう集中力が欲しい今日この頃

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.03

色々

今週から職場ではクールビズが始まった。
エアコンの設定温度は28度。。生暖かくて実に気持ち悪い。。困ったもんだ
ま、どこからか手をつけなければCO2排出量は増えるばかりだから仕方ないのだけれど、、
原油もドンドン値上がりしてるし、誰か核融合炉を早く実現してくださいな!
しかし、いくら職場でエアコンの設定温度を上げても、いまやエアコンは一家に2台以上の時代だし。
エアコンの冷却効率を大幅にあげる裏技でも出ない限りエアコンの電力消費量は、
十分な効果をあげないと思う。地球温暖化はどんどんすすんで夏の気温は40度とかになっていくわけだから、
28度だろうが26度だろうが、そんなに変わんない気もするし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »