« くれくれ | Main | 畳み込んで畳み込んで »

2005.05.30

フラフープならぬ笛フープ?

今回紹介する公開特許案は回すと音が鳴るフラフープです。

特開2004-329734 フラフープ

実は、回すと音が鳴るフラフープというのは色々あるらしいのです。
スピーカーと電子回路が搭載されたタイプのものや、フラフープに鈴がつけられているものなどなど
その中でもこの特許案のものは、フラフープの外側にリードを付けて、いわばフラフープを横笛にしてしまったものらしいです。
しかもフラフープは内部が幾つかの壁で仕切られていて、和音がでたり、あと、人間の腰が笛の空気穴をふさぐ/ふさがないの組み合わせによってメロディなんかも出せるようです。

僕はこういうアコースティックなおもちゃ楽器って好きです。
民芸店なんかにおもちゃの太鼓やら木琴やらが置いてあったりすると、
時間と人目を忘れて叩き続けることもよくあります。
非常にシンプルな構造の楽器であってもやはりその音の情報量というのは
デジタル楽器なんかよりも実は多かったりします。
微妙な叩く角度とか、叩き方とかで出てくる音は変わってくるし、
様々な成分の微妙に影響しあって、1つの音のようで実はハーモニーってゆうのか。
アコースティックな楽器にはそんな魅力があります。

自分でフラフープを回して出音を楽しんでみるというのも、もちろん一番まっとうな遊び方なのですが、
体力使って腰をクネラせた結果ピーヒョロロという情けない音がでるという見た感じのアホさ加減を活かして
パーティの罰ゲームなんかにも使えるかも知れません。
あるいは家庭の主婦が朝寝坊の夫を起こすときの定番といえば、
フライパンや鍋をボールで叩いて起こすというものですが、
今後はフラフープを使った縦笛という飛び道具が流行るかも知れませんね。

|

« くれくれ | Main | 畳み込んで畳み込んで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20403/4346351

Listed below are links to weblogs that reference フラフープならぬ笛フープ?:

« くれくれ | Main | 畳み込んで畳み込んで »