« April 2005 | Main | June 2005 »

2005.05.31

畳み込んで畳み込んで

畳み込んで畳み込んで畳み込んで畳み込んで
畳み込んで畳み込んで畳み込んで畳み込んで
畳み込んで畳み込んで畳み込んで畳み込んで
畳み込んで畳み込んで畳み込んで畳み込んで
畳み込んで畳み込む
畳み込んで畳み込んで畳み込んで畳み込んで
畳み込んで畳み込んで畳み込んで畳み込んで
畳み込んで畳み込んで畳み込んで畳み込んで
畳み込んで畳み込んで畳み込んで畳み込んで

うわぁ、すさまじい計算量になりそうだな。。。。
許してお願い、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.30

フラフープならぬ笛フープ?

今回紹介する公開特許案は回すと音が鳴るフラフープです。

特開2004-329734 フラフープ

実は、回すと音が鳴るフラフープというのは色々あるらしいのです。
スピーカーと電子回路が搭載されたタイプのものや、フラフープに鈴がつけられているものなどなど
その中でもこの特許案のものは、フラフープの外側にリードを付けて、いわばフラフープを横笛にしてしまったものらしいです。
しかもフラフープは内部が幾つかの壁で仕切られていて、和音がでたり、あと、人間の腰が笛の空気穴をふさぐ/ふさがないの組み合わせによってメロディなんかも出せるようです。

僕はこういうアコースティックなおもちゃ楽器って好きです。
民芸店なんかにおもちゃの太鼓やら木琴やらが置いてあったりすると、
時間と人目を忘れて叩き続けることもよくあります。
非常にシンプルな構造の楽器であってもやはりその音の情報量というのは
デジタル楽器なんかよりも実は多かったりします。
微妙な叩く角度とか、叩き方とかで出てくる音は変わってくるし、
様々な成分の微妙に影響しあって、1つの音のようで実はハーモニーってゆうのか。
アコースティックな楽器にはそんな魅力があります。

自分でフラフープを回して出音を楽しんでみるというのも、もちろん一番まっとうな遊び方なのですが、
体力使って腰をクネラせた結果ピーヒョロロという情けない音がでるという見た感じのアホさ加減を活かして
パーティの罰ゲームなんかにも使えるかも知れません。
あるいは家庭の主婦が朝寝坊の夫を起こすときの定番といえば、
フライパンや鍋をボールで叩いて起こすというものですが、
今後はフラフープを使った縦笛という飛び道具が流行るかも知れませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.29

くれくれ

どこかに手ごろな帯域分割フィルタのフリーの実装はないものか、、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

現代美術

最近は掲示板の動きも止まって、訪問者も少なめになってきていますが、しかしアクセスカウントはついに50000を超えましたな。。
効果音あり、プログラムあり、コラムあり、音楽あり、写真ありと、色々手広くやっているつもりですが、、
どうも、どれもこれも素人レベルというか、ぱっとするものというか、はっとするものがないので、どうしても来る人が少なくなってしまいます。
なんか1つでも一線を越えるものがあればなぁと思うのですが、、

昨日は深川の東京現代美術館へいってきました。
館内は撮影禁止なので写真は取れなかったのですが、
ひろびろとした館内には、僕のアパートの床面積よりも大きな作品から、A4くらいの作品まで色々とありました。
そして特設展はなぜかスタジオジブリ、、
ま、現代の芸術ということには違いないのですが、、こういう催しでもやらないと現代美術なんかを見に来る人は居ないのかも知れませんからね。
ちなみにハウルの動く城の実物大クラスのブロンズ像が設置されていました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.26

電波系の赤ちゃん生成装置?!

自分で特許案をひねり出して、出願したものを紹介したとしても、やはり考えるのに相当な時間が掛かってしまい萎えてしまいます。
そこで、他人が出願した特許をレビューして話のネタにでもしたいと思います。
僕がレビューする特許案の対象は、未だ「特許案」のもの。つまり権利化されていないものを中心に、比較的最近公開された音系のものを中心にしていきたいです。
音系はおそらく自分が一番詳しくレビューできる分野ですし、権利化されておらず、最近公開された特許案というものは、まだ出願されてそれほど年月が経過していない初々しいものだからです。なにしろ特許を権利化するのに何年も掛かる場合がありますから、権利化された特許は既に製品化されていたりして、特許案として取り上げるにはいささか後塵を期すきらいがあるからです。
レビューの方向性は決めていません。本当にハイテク凄いよ凄いよの賞賛パターンもありますし、電波系やそれに近い胡散臭さをかもし出す特許案の冷やかしネタ(正直すぎる例えですが、、)やら、メーカー系の特許案の辛口批評など、ケースバイケースで行こうかと思います。

そして、今回取り上げます。記念すべきターゲット第一号はコレ!

特開2003-061174
『骨伝導音声増幅拡声機器の腹部装着による使用方法および骨導音胎教システム』
どうもこんなタイトルからして、妊婦がお腹にスピーカー付きのベルトを巻いて、胎児に音楽なんかを聴かせるシステムのようですが、、

骨伝導音声増幅拡声機器の腹部装着による使用方法において、コンピューターを用いて、胎教向きの周波数音域の言語または音楽楽曲等の音源 を予め集約し、プログラム編集をしてデータベース化し、インターネット上のウェブサイトからダウンロードまたはソフトとして製造し、再生できる技術および骨伝導音声増幅拡声機器から構成されたことを特徴とする骨導音胎教システムである

どうやらインターネットで音楽なんかをダウンロードもできるようにしたいようです。
しかし胎教向きの周波数音域の言語というのは一体なんなのでしょうか、、、

骨伝導スピーカー 部を肌に密着して固定させる手段として、自在に伸縮する任意の素材を用いて、腹巻き状のベルトに縫製さし、さらにベルト中央部分に加工を施して小さな開口部を設形成製造し、妊婦が腹巻き状のベルトを装着する際には、予め中央部分に設けた開口部が腹部の正面に位置するようにし、骨伝導スピーカー を装着する際は、ベルトの開口部の部位に骨伝導スピーカー が引っ掛かるようにして固定使用できるように製造されたことを特徴とする骨伝導音声増幅拡声機器の腹部装着用具およびその装着方法である。
どうもこの文面を読むと、お腹の正面に胎児用のスピーカーを設置するようになっているようです。骨伝導スピーカーってそもそも骨格を通じて内耳に音声の振動を伝えるものですから、当然骨にスピーカーをあてがう必要があるかと思うのですが、、 腹だと分厚い皮下脂肪や、腹膜やら子宮やら、とてもやわらかい臓器を幾つも通過する必要があるので、 外部からの音響エネルギーの伝達効率はかなり低下すると思われます。 その分スピーカーと腹との接触面積を十分広くとる必要があって、且つスピーカーの重量を考えると、かなりの圧力を必要とすると思われます。 圧迫流産の危険性と天秤にかけてどのくらいの妊婦の方々が使ってくださるのやら、、
胎教技術として、携帯型の骨伝導音声増幅拡声機器を構成する骨伝導スピーカー 部分に、胎児が睡眠中か起きているかを判断できるセンサーを搭載させ、さらに起きていると判断した場合にのみ、自動的に音声を出せるようにしたことを特徴とする請求項1記載の骨伝導音声増幅拡声機器の腹部装着による使用方法である。
赤ちゃんが寝ているときは、音楽を流さない機能ももりこみたいようです。 こうしたセンサーをどのように実現するのかという議論はおいておいて、 胎児が起きている寝ているとはどういうことか?そういう定義の話がまず必要です。 たしかに赤ちゃんは殆ど寝ています。つーか出産後しばらくは目を開けることができないわけですから、 常に寝ているといって過言ではないでしょう!

!!
ということはもっとも効率的な胎教システムは何もしない!!
うーむ、このアイデアで僕も特許出願しようかな、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.22

秋葉原御茶ノ水新宿牛込なんとか

今日は秋葉原、、というかいつも出かけるときは秋葉原か東京ばかりだ。。
定期で移動できるからついついそこばかりなのよね。。
秋葉原の人の多さも、怪しげなキャッチの人々も、今では単なるノイズとしか感じられなくなってしまった。
それからぷらりと御茶ノ水の丸善で本をあさる。。
『竹中平蔵の戦争』
という本を買う。永田町や霞ヶ関の中で何が起こっているのかを脚色はあるのだろうけど、知ることができる。。
官僚を超えるほどの情報収集力をもって官僚をコントロールする手腕。。
僕にはできない、すごいなあと思いました。
つーか、逆にいって官僚をコントロールしてベストな結果を出すことがいかに難しいのかが如実に分かりますな。。

その後電車で新宿へ、ぶらぶらとあるいて東新宿にぬけてさらに牛込なんたらという駅まであるいた。
東新宿から牛込何たらまでの行程は今まで歩いたりしたことの無いところだったのでちょっと新鮮でした。
つか、路地に入れば歩いたことの無い道なんて腐るほどあるんだけど、
無意識にあるいたことのある道に吸い寄せられる自分がいるのよね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.19

オープンコースウェア

おもわずオープンソースウェアと書きたくなってしまいましたが、
どうもオープンコースウェア(OCW)というのは、
大学やら大学院やらが講義の資料をWewb上で公開して、
だれでも大学の講義の内容を盗み読みできる、
いわば「知ってけ泥棒!」状態を作り出す試みのようです。
日本 OCW 連絡会のページには
大阪大学、京都大学、慶應義塾大学、東京工業大学、東京大学、早稲田大学
がリンクを連ねていて、各大学とも既にOCW専用のページを開設しているようです。

やはり発明を企てるにあたり科学的な知識が欲しくてたまらない僕としては、
これは非常にありがたい!
というかネットなら講義資料程度の情報公開はできるのに
もったいぶりやがって大学の野郎ども
と思っていた矢先でしたので、非常にうれしい!!

はい、これからは日曜発明家、日曜科学者、日曜研究者の時代です。
僕もこれを利用して腹の足しになるような発明をやりたい!!!
やりたいことはあるので、残る問題は知識の仕入先と僕の理解力と、時間です。
知識の仕入先としては今まで以上に効率的になったと思います。
そしてこの情報を教えてくれたライブドア感謝!!

さっそくいいもんみーつけた!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.18

カーボンナノチューブ

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1159669/detail?rd
これで宇宙エレベータとかも作れるんだそうな。
ハンズで売ってないかなぁ
電柱とかにくくりつけて道に貼ったらかなりのイタヅラになりそうだよね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.05.09

部屋が汚れている

掃除しなければ、、掃除、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.05

法華経寺

hakutu
暇だったので、秋葉原によってみたものの、特に買い物をすることもなかったため、いつもは降りることの無い何でもない駅でおりてちょっと冒険してみようと思い、総武線で千葉方面に向かい、下総中山という駅で降りてみました。
普通の駅前だったのですが、ちょっと路地に入ってみたところ、何やら参道のような道があったので、歩いていきましたら、法華経寺という建築物がありました。
このお寺は境内に幾つもの建物があって結構広いようでした。写真はその中の一つの大仏です。大仏といってもめちゃくちゃデカイわけではなくて、どちらかというと中仏でした。
写真の中で、赤枠で囲っているのは、台座に置いてあった白鶴の2合ビンです。
僕は目下のところ宗教心というか神仏とか幽霊とかいったものを信じない唯物論者でありますが、しかしこういう神社仏閣の類は何故か得もいえぬリラクゼーション効果があります。
そんな感じで心が清められた感じを受けつつ、また都内へと踵を返しましたとさ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.03

渋谷新体験

今日は渋谷の宇田川町あたりをウロウロしてました。
実は、この間のM3で出したエレクトロニカ系を意識しているアルバムを、自主制作作品として置いてくれるレコード屋はないかと、その辺のレコードショップを物色しつつ、聞いて回っていたのです。
結局目的のお店は見つけることができなかったものの、しかし普段は通り過ぎるだけの雑居ビルの中に入って色々なレコード屋に入ってみると自分とは別のベクトルの世界に居る人々を垣間見ることができて中々新鮮な体験でした。
普段入ったことの無いカフェに入ってみると、業界風の人たちが打ち合わせをしていて、どうも打ち合わせに参加しているアーティストらしき人の楽曲のネット配信について話しているようでした。

ところで、僕が始めて渋谷を訪れたのは、今を遡ること実に9年あまり、学生時代に就職活動をしていた時期で、目的の会社の面接が終わった後に、ついでに寄ってみた時でした。
日は傾きかけていたとはいへ、夏の晴れた暑い日に右も左も分からない上に坂ばっかりの迷路のような渋谷の街中をあれこれさ迷い歩き、
へとへとになって避難して入り込んだカフェ。
そこには緩やかな斜面に面したテーブル2つ分程度の小さなカフェテラスがあって、僕はそこでコーヒーを何がしかの食事をとっていました。もう片方のテーブルには1人のお婆さんが座っていてコーヒーを啜っておりました。
その光景は蜃気楼のようなビジュアルエフェクトが掛かって僕の脳裏に焼きついておりました。
しかし、その後上京して渋谷の街中は何度も歩き回ったのですが、その光景にビンゴな地形はどこにも見当たらず、どこだっただろうなぁ~と半ばあれは幻想だったのかとまで思っていたのですが、
今までメインストリートから1本離れていて、微妙に細い路地だったため、全く意識せずに通り過ぎていた路地に、まさにその光景にビンゴな光景を見つけることができたのです!
今はカフェではなく、雑貨屋みたいなのが入っていたのですが、間違いなくそこは幻想と化していたあの風景だったのです。
思えば今までもその道を通ったことがあるかも知れなかったのですが、逆の方向から意識することなく歩いてきたり、夜だったりして気づかなかったようでした。
というわけでちょっとハッピーな思い出のこる1日だったかも知れません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.01

M3いってきた

今回は出店しただけに、準備やら設営やら売り子から何やらでとても疲れたのですが、
それでも中々色んな人に自分の音楽を聴いてもらうことができて何よりでした!!
そこそこ買ってくれる人もいたので、まあ良かったでしょう!
楽曲面では今の音響系・エレクトロニカ路線を継承しつつ、
もっと人の心を引き付ける曲が書けるようにがんばりたいです。
コンセプトアルバムなんかも良いかもしれません、あるいは他のメディアと組み合わせるとか
今までは曲を作ったあとにタイトルを決めたりしてるのでしたが、
やはりタイトルを作ってコンセプトを明確にしないとだもかもです。

今回の売りあげ:
インパルス応答ライブラリ 2枚
エレクトロニカ作品集    6枚
効果音素材集       3枚
計11枚。。。まあまあ


今回はハニワ氏もやってきてくれて、閉場後は蒲田のワタミで飲みました
つか明日も飲むんだけど、、、、

とりあえずは今日買ったCDをきいてみるか!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »