« December 2004 | Main | February 2005 »

2005.01.30

新木場

今日は気晴らしにと京葉線の旅に出ました。
東京駅から延々と曽我までいって内房線に乗り換え、
茂原駅で引き返してきました。
千葉港駅でモノレールに乗れば千葉駅まで行けるなどとは露知らなかったため、
千葉駅前を堪能(?)することなく、また元きたレールを戻り、
新木場で降りてみました。

つか、新木場はただただ広くて閑散としていて、車だけは大量に通過するので、空気は非常にきたない
そんなあまり降りても面白くない感じでした。

さすがに新木場だけあって、階段の手すりとかが木製なのですが、
どうせなら自動改札機まで木製にして欲しかったと思います。ちょい中途半端

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.27

1月27日

ああ、そうだもう誕生日から1ヶ月が経過してしまったのか、
もうかれこれ29.083333333333333333333333333333年も生きていることになるのね。
これまでに色々なことがあったね。いろんな感情がわいたね。
ワクワクしたり、ガクガクブルブルしたり、歯が痛かったり、ハートが痛かったり、
悔しがったり、得意になったり、夢みたいなものを描いたり、挫折みたいな気分になったり、
音楽を聴いたり、本を読んだり、ビデオを見たり、観劇したり、
ギタァを弾いたり、歌ってみたり、写真撮ったり、文書書いたり、
メシ食ったり、はー磨いて寝たり、はー磨かないで寝たり、

その時々では、ものすごく強い感情と、想像力が働くわけで、
夢をみればそれは壮大なことを思いついちゃったりとか、
ガクガクブルブルしてれば、全て知覚されるを苦痛に感じたり、
その他色々な感情と体験は、僕の心身を揺さぶり、自分にとっての大きな意味を持つものだというように、自分自身に思わされてきた節があると思いました。

しかし、よくよく振り返って考えるに、何ともくだらない、陳腐というか、ありふれた体験だったりします、
さして、ありふれていない体験なり感覚で、それなりに人々の共感を得るものは、
それを出版したり、ドキュメンタリー映画なんかを誰かが作ったりして、
多くの人の心を刺激します。
ま、最近では電車男?とか?
その、ありふれていない体験なり感覚が、仮に10万分の1だとしても、
そいつらは毎月毎年、手を変え人を変え現れてくるわけで、
多くの人の心をひき付けるのは、高々1年くらいだったりします。
一年もてば、1000万分の1くらいには非凡といえるでしょうか。

つまりは、本や映画になっちゃうくらい非凡で、鮮鋭な体験であっても、
その程度なわけで、
ましてや僕が喜んだり、悲しんだりするなんて、
何の面白みもない、まさにクダラナイことなんだと思うようになりました。

やや、自虐的な言い回しになっている矢も知れませんが、
何が言いたいのかと言いますと、
皆が1秒か、1日か、1ヶ月か、あるいは1年くらいの名声を競い合うこの世の中は、
万人の万人に対する戦争状態ならぬ
万人による万人の陳腐化システムといえるのよね


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.23

消える金

ここところ確定申告の資料というか昨年の帳簿を作成(本当は随時作ることになっていたが)しております。
しかし、あれですね、よくもまあ、これだけのお金が消えてゆくものだと思います。
いったいどこに消えたのでしょうか?儲け話を考える前に目の前で消えてゆくお金を少なくするほうが相対的にお金が増えるのでは、当たり前のことを今更思って見せます。
とくに食費はヤヴァイですね。昼飯とか善し牛とかで食べれば300円くらいですが、
普通の食い物やですと800円、
晩飯も居酒屋とかで食べてしまうと軽く2000円は飛びます。。
まずは、晩飯を普通の食い物屋で食べるか、食べる絶対量をへらすかだなぁ、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.04

それはそうと

ここのブログはあまり賑わいがないのぉ
それは、もちろん他所にコメントやらトラックバックを全くやっていないというのがまずあろうかと思う。
なんというか書いているだけで、他人とコミュニケートしようとか、
他人の書いているブログを読んでみようとかゆう甲斐性もないまま、タダタダ誰が読むともない記事を書いているだけでは、それはコメントも来やしませんぜ。
とりあえずは記事を作成するときには、かならずトラックバックを張るように心がけるかのぉ~
しかし、今回のような記事では関連のあるほかの記事を探すのも一苦労だ。
何しろつまらないボヤキに過ぎないから、、、、いや、こんな記事を書いていること自体が、、、、、
むむ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.01

新年の抱負

あけましてめでたや。
今年の抱負は

「儲ける」

昨年1年を振り返ると、色々活動したものの、直接儲けになる、つまりがっぽがっぽとお金が入ってくる事は非常に少なかったと思います。
そこで、今年は自分の得意分野(主にプログラミングと、音声関係)をつかってお金をがっぽがっぽと稼ぎたいと思うわけです。
具体的には、プログラミングの副業とかをやってより多くの収入を稼ぐ。
そして、出願中特許案をもう少しブラッシュアップし、審査請求もやってしまいます。
さらに劇伴に使えるような音楽を製作し、これを製作会社などに持ち込む、
と言ったところでしょうか。
あと、もう1つの野望としましては、マイナーというか裏方仕事から、名前で売れるような人気作家みたいな一角の人になりたい。
これは今年中には難しいかも知れませんが、「儲ける」路線をひた走ることにより、その実現に近づくことが可能となりましょう。
なぜならば、自分の曲がテレビで流れたり、特許技術がガッポガッポと使っていただくれば、自ずと発明者である自分の名前も売れるわけですから。
あと、SOHOにより、収入面、時間面で余裕が生まれて、シェアウェアなんかを時間をかけて作れるような立場になれたらいいな~

というわけで、今年1年の野望を描いてみました。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »