« 葛飾柴又 | Main | 夏日 »

2004.11.28

日が短くなると

僕は、朝が苦手でいつも昼近くにおきます。
それから飯を喰らって、風呂に入って、着替えて、それから出かけるわけで、
いつも出かけるのは14:00くらいになってしまいます。遅いときは15:00とか
最近は15:00にでかけようものなら既に西日です。
もう少し日照時間を長くしてもらいたいと思うのですが、こればかりは月に巨大な鏡でも置かない限りは無理。
つーか無理なので、できるだけ早起きしたほうがいいのですが、
今日は何気に6時倉に目が覚めてしまってそのままパソコンをやっていたものですから、眠い、あまりの眠さに出かける気力がないのです。
つまり早起きしてもあまり意味がない、というか早寝しないとダメという当たり前な現実が存在するわけです。
それに出かけるにしてももう、出かけるべきところは、出かけ尽くしたというか、もちろん自分の言ったことのない場所は、ある場所よりもずっと多いのですが、しかし自分の日々の行動範囲の中では、もう行きつくしてしまって、
どこへいってもあまり面白くありません。かといって家でじっとしているのもあまり面白くないので、とりあえず出かけるわけです。
肝心なのは自分の行動範囲を変えて、いろいろなところにでかけたり、いろいろな人に会ったりすればいいのですが、それには頭の使い方のシフトが含まれるため,以外のと難しいものです。
つーか、こんなくだらない文章を書いている暇があったら、デートの約束ひとつでも取り付けられる相手がいればなぁと思。

|

« 葛飾柴又 | Main | 夏日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20403/2091091

Listed below are links to weblogs that reference 日が短くなると:

« 葛飾柴又 | Main | 夏日 »