« April 2004 | Main | June 2004 »

2004.05.21

自作楽器のススメ

僕は楽器を自作するのが好きです。
このサイトで公開しているテル民なんてのも自作楽器のうちですが、
自作の生楽器も良く作ります。
とはいっても大半は打楽器。
つまり叩けば何でも楽器というレベルのものです。
それでも色々と面白い音が出るように工夫する余地はあります。
材料はハンズなんかで手に入る筒や、シートで、
それだけあれば、太鼓のようなものが作れることは想像に難くないでしょう。
中には、買ったまんまのもので結構いい音がする楽器もあります。
アクリルパイプなのですが、手で握りつぶせるくらいの薄手のものだと、
叩くと音程のある音が出ます。
パイプの長さによって音程が変わるので、色々な長さにきって音程を出すことができます。
それに強く握りながら叩くと、握った場所に応じて音色が変わるのです。
それも音程感が希薄になるほどに変わるので、
極めると、それはそれで生のシンセサイズが楽しめます。
基本的に打楽器というか楽器らしきもの全てですが、
ソレらしく演奏することが重要です、
そこらへんの郵便ポストとか、ガードレールとか、家の壁でも
アクセントとシンコペーションを気にして叩けば
十分に表現力のある楽器となります。
叩く場所を変えれば音色も変わります。
あとはソレを録音して公開したり
人前で演奏すれば立派なミュージシャンであります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.15

The Last 侍

The Last 侍のDVDを買いました。
ハリウッドのDVDって、国内の映画やアニメのものより半額くらいなのでありがたい限りです。

で内容の感想ですが、
なんつーか、ここまでガイジンさんが日本人の精神性を表現できるとは
思っておらず、ビビリました。
違和感無く感情移入できたし、凄く日本人向けな世界感だと思いました。
見てないひとも居るですからあまり詳しいストーリーに触れるのは無粋だと思うのですが、
主人公がメンヘル系ってだけで、かなり日本人向けだと思いました。
結構深い精神の動きが表現されているのですが、
全体のテンポのよさや、映像表現の迫力によって、単に高尚っぽい雰囲気の作品じゃなくて、
だれでも楽しめる作品になっているのは、さすが本場ハリウッドの映画だと思いました

思いましたばかり書いていると読書感想文みたいですが、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.01

TM NETWORKが復活した

ふらっとTM NETWORKで検索をかけたのですが、
どうやら活動を再開して、もうアルバムも出したみたいですね!
今度はトランスで行くみたいです。
あのユニットは小室節を利かせながらも様々な音楽の要素と
アイデア豊富がうりでしたね。
今回はどんなことをやってくれるのか楽しみです。
それにしても彼らは老けたと思います。
というは僕もふけましたが。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2004 | Main | June 2004 »