« February 2004 | Main | April 2004 »

2004.03.26

回転ドア

六本木の森ビルで回転ドアに挟まれた男の子が死亡したようです。
僕は回転ドアというのは、新宿住友ビルで初めてお目にかかったのですが、
あのときから、こういう事故は、絶対おこるだろうなと、思っていました。
ニッポンジン、特にトーキョージンは何でも感でも西洋のものを取り入れようと
躍起になっているところがあり、科学技術やビジネスなどでの合理的な手法、あるいは3歩譲って文化的な
物を輸入するのは、それほど悪くはないと思います。
しかし、回転ドアに代表されるような、却って不便なもの。
そればかりか死人がでるほどの副作用があるものを、
オイソレ、ヤァヤァ、デス、伊豆、モダァン!
と導入してしまうのはイカガなものかと思います。
正直、回転ドアが便利だと思ったためしがありません。
人が回すタイプのものでは、出る人と、入る人の間で、歩調が合うことはまれで、
毎回、自分が押すべきか、
あるいは相手が押すのを待つべきか、
どんなペースで進めば、相手と歩調があうのか、
正直ビルに入るときから駆け引きが始まっているという感じがするのです。
さすがビジネスの本場、アメリカからやってきた代物だなという感じです。
出社する時だけでなく、帰る時も、ビジネスパースンとしての自覚を高めることができるという
弱肉強食の超体育会系システムなのです。
絶対に森ビルのようなレジャーランドには適さないシステムで、
ロワーマンハッタンのような精選与奪を許さない大人たちによる大人たちだけのため街で
辛うじて機能するものなのです。
で、逆に自動のものはどうかというと、
これがまったくサービス精神に欠けると感じざるをえません。
回転ドアに入るには、人間様がドアのペースに合わせて、
歩かなくてはなりません。
ドアに入ってから、出るまでにおよそ6秒くらいかかると思いますが、
その間ずっーと、、人間が自分の歩調を回転ドア様の歩調にあわせて歩かなければ
ならないのです。
自動ドアの場合、最初に待ち時間はあるのですが、一旦開いてしまえば、
その後、駆け出そうが、座り込もうが、人間様の自由となります。
そのペースにあわせられない人は、有無を言わず、
今回のような猟奇的な結末を迎えさせられることとなるのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.25

志村けんとジョンレノン

これは僕が95年あたりから着想を得たことなのですが、
志村けんとジョンレノンは非常に似ていると思うのです。
DNAはおそらく99.9%は一致しているのではないかと思うほどに!

まずその顔です。
メガネをかけていて、眉毛が濃くて、変質者っぽい人相。

そして彼らの表現のモチーフ。
ジョンは麻薬中毒患者の厚生施設に収容されていたときの気持ちを歌ったCold Tarkeyや、
少年時代、両親の離婚や、死亡により受けたココロの傷を題材にした、Mother
といった曲により、自らが変質者であることを表現のモチーフとしていました。
これに対して、志村けんもバカ殿様や、変なおじさんという
自分の中に眠る変質者としての自我を爆発させたような演技によって、
大衆の支持を集め、現在の地位を樹立しました。
おそらく全国規模のアンケートを実施し、統計的な分析を施したとしたら、
芸能界で最も女性に人気のある変質者という結果が報告されてもおかしくないでしょう。

そしてなんといっても、声
あの口にこもるような独特の低音と、
神経質そうなヘロヘロした高音、
ジョンを知らない中高生などにCold Turkeyを、聞いてもらって、
「これは志村けんが昔、海外進出用に作った変なおじさんの英語版だよ、コールドターキーというのが英語でそういう意味なんだ」
と説明すれば、おそらくヘェーと机を叩きまくることでしょう。

この着想はしばらく僕の心の中にしまっておいたのですが、
先日のリーダーの死亡を契機に書いてみる気になりました。
何しろ志村けんも人間ですから、年齢を重ね、
だんだんと爺さんっぽい顔つきになってきてしまい、
既に死亡しているジョンと、年齢差がありすぎて、
知らない人に、似てるよね?
といっても分からないリスクが高まっているからなのです。
繰り返しになりますが、僕がこの着想を得たのは、
95年。
いまから9年以上前、だいじょうぶだぁの頃の彼を
思い出して、ジョンの晩年の映像や写真と比べてみてはいかがでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.23

コンビに

僕のアパートは直ぐとなりがコンビニのため、
休日の朝食や昼食、朝出かけるときに、朝食代わりのゼリー状の栄養剤、
かえってきてからのおでんや、アルコールと
そのコンビには日になんども利用します。
3年間も使っているコンビニですので、
オーナーが誰で、店長がだれで、どんな人が新人で、どんな人が長くやっているか
なんてことも分かっています。
店長は、明るく物腰が穏やかな感じの30台半ばくらいの男性で、レジを打つときに何故か
「すんませーん」と、誤るのが口癖の人です。
また、オーナーはそのコンビニが入っているマンションのオーナーでもあるのですが、
声が大きくおばちゃんと資産家を足して割ったような独特のオーラがある5、60才くらいの女性で、朝はゴミを袋にまとめたり、
昼はコンビニの周辺の道路を水巻したり、掃除したりと、
中々の働き者です。

そんなに利用しているのですから、割と日常会話をしているのかというとそうでもあります。
何しろ向こうは店員ですから、こちらから話しかけない以上は、
マニュアルに従った対応しかできません。
そんな、中でも、オーナーがレジ打ちをするときは、
話すきっかけを作りたいのか、微妙なアクションを交えてきます。
レジの合計金額が、777円だったりしたら、しめたとばかりに、
「わ」
「すごい」
「おをほほほ」
など、独り言とも話しかけとも付かない言葉らしきものを発するのです。
他にもレジの金額が前のお客と同額だったりすると
「どっかでみたよーなどっかでみたよーな、、、」
と2、3回繰り返してはみるものの、
こっちがノーリアクションを決め込んでいると、次第にトーンが下がり、
押し黙ってしまいます。
これが3年間毎日毎日利用した時でも、店員と、お客という立場上、
越えるに超えられない彼らの限界なのかも知れません。
僕の方から、かれらと世間話でも持ちかけて、
交流を深めるという、アクションがあってもいいものかもしれませんが、、
何しろこのままだと、コンビニの用件以外は、何もしゃべらないまま、
4年が過ぎ、僕は別の場所に引っ越してしまうかも知れないですし。
でも、僕はそんなことはしません。
これまでも、これからもずっと

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.21

いかりや長介さん死去

あのドリフターズで活躍されたいかりや長介さんが鬼籍に入られたようです。
なんかあの枯れた雰囲気が良かったのですが、
枯れすぎですね。。
たとえ芸能人でも子供の頃から親しんでいた人が居なくなると、なんとも寂しい気持ちになりますね。
考えてみれば人類の3分の1はガンで亡くなるわけですよね。
他の星には死を克服した宇宙人とかいるのでしょうか。
というか、生き物以外は死なないから生き物ではない死なない宇宙人は生き物ではない?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.03.16

デジタル化

最近は、デジタルカメラだとか、
デジタルオーディオだとか、以前はアナログでしかできなかったことを、
デジタル化して、こねくり回せるようになってきました。
A/D、D/Aコンバーダの精度や、コンピュータの処理能力というのが、
いわゆるムーアの法則というやつで、指数関数的に向上しているため、
どんどん手ごろな価格のデジタル機器の能力が人間の感覚に追いついてきているという感じです。

で、それはそれとして、日経サイエンス
記事を読んだところ、リロンブツリの世界にもデジタル化が押し寄せているようなのです。

もちろん、物理とか工学とかバイオとかの研究用の機器はずっと以前からデジタル化、コンピュータ処理化が
前提となっているのでうすが、
今回の記事はなんと物理法則そのもの、
時間と空間そのものが実はデジタルにしか捕らえられないんじゃないか、
というか、捕らえられないものと仮定すると理論的にすっきりするぞという
内容なのです。
10のマイナス33乗cmという最小単位の長さがあって、
その半分とか、2/3とか、1.5倍とか、そういう長さはそもそも存在しない
有り得ない、と考える理屈のようです。
まあ、基礎基礎研究の話ですから、着想自体は80年くらいからあったそうなのですが、
その着想が世の科学者や、数学者に大ウケで、
物理法則の根本となる部分でもデジタル化が進んでいるらしいという
感じがしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.11

ベタな解説

hani.jpg
昨日の話の続きで、泉岳寺駅の裏手にある公園なのですが、
このようなベタな解説のハニワと竪穴式住居があります。
しかも竪穴式住居は鉄筋コンクリート製で、ご丁寧にも藁葺きのように
コンクリートの屋根が造形されています。
こんなアホなものを、こんなマイナーな場所に作ってしまうのは、なにやら陰謀めいたものを感じざるをえません。
というのはウソですが、
できればコンクリの屋根は茶色に塗装した方が、より藁葺きっぽかったのではないかと思いました。
ちなみに場所はここです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.09

三田

浅草線で品川と田町の間に泉岳寺という駅があります。
実は今その近所で働いていますが、僕が上京して最初に仕事をした場所の直ぐ近くだったりします。
前は、一緒の現場に居た人に同年の人が多かったこともあり、昼休みには連れ立って職場の周りを
散策したものです。
泉岳寺駅の東側は山の手線、京浜東北線、東海道線、新幹線と、操車路線などJRの線路が何本も走っていて、
まともな抜け道らしいものは、1kmは歩かないとたどり着けないため、
反対側の第一京浜道路を挟んで西側の坂の多い、岡の様に(一部が崖のように)なっている場所を散策していました。
そして、今はその場所を一人で歩いたりしているのですが、
そのエリアは超高級住宅地、、
というより大使館やら、神社仏閣やらが色々とあって、
ひょっこりと道で出くわす人が実はVIPだったりしそうな雰囲気なのです。

もとよりこの浜松町~品川の山側のエリアというは、
なんつーか、日本の社会を影で支配??といったら言い過ぎですが、
○リーメーソンの日本本部があったり、
企業献金とかで生計を立てていそうな社団法人
そして各国大使館などなどが軒を連ねる
ハイソなエリアだったりします。

いつか自分もこんなハイソな雰囲気の住民と肩を並べられる
ようになりたいものだなぁ
とふとおもったりします。
できれば、秘密の儀式なんかにもご招待頂ければと
あらぬ妄想を膨らませて、
3年前は閉鎖されていた不良債権によって生まれた公園で
昼食を頂くのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2004 | Main | April 2004 »